実家近くに建売住宅を購入しました

我が家は夫婦共働きの世帯です。

そのため、子供が急な病気をした時などにお世話をしてくれる両親の存在が大きく、住宅を購入する際には「実家の近くにある土地であること」が最優先でした。

まずは土地探しから始めたのですが、土地を購入し、その上に注文住宅を建てるとなると予算内をオーバーすることが判明しました。

そこで、お値うちな建売住宅を探すことにしました。

建売住宅は一流メーカーのものから地元の工務店まで、様々なものを見学に行ったのですが、やはり、一流メーカーのものは建物の作りそのものが丈夫なことと、アフターケアーサービスまでも充実しており安心感がありました。

私たち夫婦の考えの中に「家の購入は一生に一度だけ」という考えがあったので、結局、一流メーカーン建売住宅に決めました。

この青梅市の新築平屋住宅は、内覧物件ということもあり人が出入りしていたので、通常価格よりもかなりお安く購入できました。

構造や壁紙などはこのメーカーで一番高い資材や材料などを使用しているので、外観以上に室内が豪華な作りとなっており満足しています。

残念な点は北向きの角地ということで日当たりが悪くて、冬は寒いことでしょう。

土地柄、気温が下がりやすいのでこの点はかなりデメリットではあります。

でも、あらかじめバリアフリーの構造で廊下なども広くて、子供部屋も二つ確保できているので全体的には満足度が高い住宅でした。