建売住宅を購入する場合に気をつける事

建売住宅を購入しました。建築前からある程度は注文に応じられると言われていましたが、建物の基本構造は動かせないとの事で、結局はあまりこちらの要望を反映させる事が出来ませんでした。やはり一生モノの買い物ですから、注文住宅にするべきだったと思っております。
注文住宅の場合、土地のみを所有してからになる場合が多いので、なかなかハードルは上がります。建売住宅の場合はどこまで要望を反映出来るかを確認しておく方が良いかも知れませんね。

建物の基本構造に関係する部分は変更できないので妥協しかありませんが、その他の様々な要望のどの部分を優先すべきか、家族で話し合い、一つ一つに優先順位をつけました。例えば将来のリフォームで対応可能かどうかを検討し、対応出来るものであれば、さらに費用的にどうなのかを検討し、将来のリフォームでも費用対効果が問題なさそうなものは、要望項目から外しました。
逆に建築後ではどうしようもない、玄関前ポーチや駐車スペース、庭の部分の面積については、建物を建てる場所を第一優先で決定させる事で満足いく内容にしました。

建売住宅を購入する場合で、まだ建物が建っていない場合は、建物の内部仕様や部屋割りなど、どの程度要望を反映出来るかを、最初に確認して、問題なければ契約するという形にすると、もう少しはマシだったかなと、思います。しかし、やはり注文住宅にすべきかも知れません。

PR|西多摩で注文住宅を新築する|